Sponsored Links

映画藁の楯(わらのたて)キャスト、題材、監督が三池崇史さんで狂気とバイオレンス感満載でヒリヒリドキドキすると思って期待していましたが、ちょっと期待通りではなく不満でした・・・

清丸国秀が判決後に"後悔 反省しています。どうせ死刑になるならもっとやっとけばよかったかなって"と発言し、最後の最後まで清丸がクズだったのは良いと思いますが、映画全体としては見終わってう~ん、なんだかな~という感想でした。
暗く狂った事が多い中で日の光というか希望があるシーンもあったので好きな人は好きな映画かもしれませんね。

Sponsored Links
  

映画藁の楯あらすじ・ストーリー


全国指名手配された清丸国秀(藤原竜也)に孫娘を殺された被害者遺族で元経団連会長で資産家の蜷川隆興(山崎努)が新聞社に圧力をかけ清丸国秀を殺したらお礼として十億円払いますという広告を掲載

蜷川は清丸サイトというWEBサイトで清丸国秀に関する懸賞金の条件を動画で公開し
一.清丸国秀に対する殺人罪、もしくは傷害致死で有罪判決を受けた者。複数可。
二.国家の許可を持って清丸国秀を殺害した者

このサイトは閉鎖できない、私は何でも買える。子供の命以外は・・・という今回の清丸国秀に関する懸賞金の条件を明らかにした。

清丸は懸賞金をかけられたことにより逃亡中の面倒をみてくれていた人に襲われ、福岡南署に出頭した。

48時間以内に検察に送致するために福岡から警視庁まで清丸を移送しなくてはならない警察は、警護課所属の2人のSP銘苅一基(大沢たかお)、白岩篤子(松嶋菜々子)と、捜査一課から2人奥村武(岸谷五朗)、神箸正樹(永山絢斗)の4名で清丸護送をすることに決めた。

 

4人が福岡に向かおうとした空港で、早くも清丸国秀を殺害しようとした男が殺害未遂で捕まるも清丸サイトで蜷川ガバナンスが契約金一億円で採用したというニュースが流される。
さらに移動中のタクシーで清丸が留置係の警察官に切りつけられる事件があったことを知る4人・・・

清丸国秀のいる病院についた護送メンバーの4人だったが、興奮した清丸に鎮痛剤のフリをして急速に静脈注射しようとすると心停止する点滴をうとうとする看護師を目の当たりにする。

さらに福岡から東京に移送する時に使う予定だった飛行機に整備士が細工をして逮捕された事で、車で東京に向かう事になった。

 

移送に狙われないように警備対象車を5台用意し、その5台を多くのパトカーが警備する形でどの車に清丸が乗っているのかわからないように工夫するが、高速の出口から逆走したトラックに襲われてしまう。

清丸に被害は及ばなかったが清丸サイトで清丸が乗っている車が特定されている事に気づき、すぐに移動しようとするが警察庁の高峰警視正からそこに向かうから移動するなとの命令が出る

しばらくすると高峰警視正からの伝令を受けてきたという機動隊員2人に車の中に入られ発砲されるも銘苅がかばう

防弾チョッキに守られ銘苅は無事だったが到着した高峰が本日の移送を中断する命令を下す!!
が、銘苅が警察の護衛隊を囮に福岡県警の関谷賢示(伊武雅刀)を含めた5人で清丸を移送する作戦を提案し新幹線で東京を目指すことに

車中で白岩が清丸サイトをチェックすると、新幹線に乗るために護送隊から救急車で離れていたときに確認した時は高速道路の上で点滅していた現在の位置情報が乗車している新幹線になっていた・・・

5人は現在の位置がバレている事からお互いの荷物検査を行うが何も出てこなかった・・・
奥村はこの中に裏切り者がいないとしたら高峰と一緒に公安がいたことから自分たちの後を尾けられている可能性もあると発言する。

しばらくすると前後からヤクザっぽい複数名に襲われ神箸が撃たれるも清丸を守ることには成功。しかし神箸は相生駅で救急隊員に治療を受けるが死んでしまう・・・

 

姫路に停まるだった予定だった新幹線は清丸サイトの影響で人が集まりすぎてしまって安全を確保できないと新神戸に向かう。

新神戸は120名の機動隊で封鎖された無人のホームにおろされることになった乗客と残った護衛メンバー4人と清丸

しかし、ホームで子供を人質に清丸を出せと叫ぶ男が現れ、清丸、白岩、奥村は再び新幹線に戻る。そして銘苅と関谷が応対している間に車内では清丸に銃を向け奥村に暴発したと証言し、10億は山分けしようと持ちかける白岩・・・やめようと奥村が断り白岩は銃をおろす

ホームでは子供を守るために関谷が男を撃ってしまい、護送の任からはずされてしまう・・・

 

残された3人は新幹線をジャックし東京に直行するように指示するが、名古屋を越えた所で意図的に線路に障害物を置かれ再びストップしてしまう

新幹線をおり歩いて移動中に通りかかった車を奪い東京を目指す事にするが、車の所有者は清丸の最初の被害者の父で道中で襲われてしまう。ここで白岩は銘苅に清丸が誰かに殺されるならこの人が一番相応しいと思いませんか?と問うが銘苅は清丸を守るほうを選んだ。

3人は再び裏切り者を探し、奥村は移動中にメールを送っていた白岩が怪しいと言い、銘苅がメールを調べメールの内容を確認した直後銘苅と白岩の二人は奥村に銃を向け奥村を調べる。白岩が子供に送ったメールは暗号?

護送メンバー内の裏切り者は奥村で手首に埋め込まれたマイクロチップで位置をしらせていた。
奥村は位置を知らせ続けることで誰が殺しても10億貰えるという契約をしていたのだった・・・

 

奥村を残し銘苅と白岩の二人で清丸の護送を続けるが、警察庁は奥村から二人が清丸の人質になっていると報告を受け清丸の射殺許可をくだす
これによって全ての警察官が射殺しても罪に問われることなく清丸を殺せる二つ目の条件を満たす事になってしまった・・・

警察上層部は買収されており係長が金を受け取り、子供を狙い前科がある清丸の護衛にわざと妻とお腹の中の子供が飲酒運転で前科のある人間の無免許運転でひかれ事故死していた過去がある銘苅子供がいる白岩をメンバーに選んでいたことがわかる。

 

銘苅と白岩は徒歩で移動していたところ謎の女タクシードライバー由里千賀子(余貴美子)が現れ料金は貰うけど3人を運ぶと申し出る

相生のホームで襲ってきた男は中小企業の社長で借金まみれでがんばっていた、留置係りは奥さん入院中、看護士は夫がリストラ、機動隊員の2人はギャンブル、みんなお金に困ってた、蜷川っていうお金持ちが仕掛けたゲームに貧困者が参加してるって構造になってると語りだす。

その後タクシーを借り東京を目指す3人だったがタクシーの中で清丸の母が遺体見つかったニュースを聞き、タクシーを泊め休憩することに・・・休憩中の銘苅の元に蜷川からあなたになら20億でも30億でもいいと電話がかかってくるが断る銘苅、その隙に清丸は白岩から銃を奪い、白岩は清丸に撃たれ死んでしまう。

キレる銘苅は5人の中でお前を一番殺したかったのは俺だと銃を清丸の口に差し込みながら叫ぶも警視庁まで送り届ける・・・

 

そこに蜷川が現れ、警察は蜷川を確保しようとするが銘苅は、蜷川が10億円の懸賞金を取り下げないと清丸はいつか誰かに殺されてしまうとそれを止め蜷川を説得しようとするのだが、蜷川が落とした刀を拾い襲い掛かる清丸から銘苅は蜷川を守ろうとして刺されてしまう・・・

蜷川は憑きが落ちたのか逮捕された清丸への懸賞金を取り下げ、清丸生存のまま幕を下ろす

 

清丸国秀には死刑判決が出るが、最後の最後まで後悔 反省しています。どうせ死刑になるならもっとやっとけばよかったかなってと狂った言葉を発する・・・
反省
どうせ
もっと

最後に銘苅が男の子と待ち合わせしてどこかに歩き出すが、あの男の子は白岩の息子なのかな?

藁の楯

 

 

関連記事
 カテゴリ
 タグ