Sponsored Links

TBSとWOWOWの共同制作ドラマMOZU モズ Season1〜百舌の叫ぶ夜〜第7話 倉木VS百舌 謎の女の正体がついに衝撃の真実の感想とあらすじ

グラークアルファ作戦の作戦指揮を室井が行っていたことや謎の女の正体が千尋だったこと、さらに千尋が筧に警備計画書を渡していた事、東が元公安だったことなどがわかりワクワクしましたが、まだまだ謎が多い!!

ドキドキワクワクしますが、最後には全て繋がるの少し不安です。

Sponsored Links
  

MOZU 第7話 あらすじ

今までの新谷(池松壮亮)行動からかけ離れている現場状況から記憶が戻ったと推測した倉木たち

新谷宏美(池松壮亮)はICチップを隠し場所から回収し完全に姿を消す・・・

ある日、明星美希(真木よう子)あてに封書が届き、中には極秘 ファイル名 GLARKEα(グラークアルファ)と書かれた資料と"だるま"の顔が書かれた資料たちが入っていた・・・

MOZU7話グラークアルファ
MOZU7話グラークアルファだるま

そして明星は倉木にだるまの存在を知らないころからだるまの夢を数回見ていたことを告げ、だるまを信じているか?と尋ね、"存在は信じているが真相はわからない"と返答する倉木に昨夜届いたグラークアルファ作戦に関する資料を見せる

MOZU7話グラークアルファ作戦指揮

その資料からグラークアルファ作戦の作戦指揮官は室井玄(生瀬勝久)警視長だったことがわかり、室井に資料を突きつけグラークアルファ作戦の内容を聞き出そうとする倉木だったが、"作戦内容は言えない、だが関わった半数の人間が心を病んだ。今でも公安に残っている人間はほとんどいない。死んだ人間もいる" と作戦の内容は教えて貰えなかった・・・

姿を消した新谷宏美はアルバムを返しにいった学校で昔から和彦にかばわれていた話しを聞き涙し、実家で"一人残らず殺す"と決意する。

大杉良太(香川照之)は津城俊輔(小日向文世)に"公安警察の闇を暴かないか?"と持ちかけられ、上司に退職届をわたし、爆弾事件の裏には公安絡みの陰謀があり、辞職するかわりにそれを津城と一緒に内部告発すると告げる。

この大杉の言動で動き出した若松忠久(戸田昌宏)を大杉、津城、明星の3人は尾行し、大杉は尾行中の車内で津城からアテネセキュリティの役員東和夫(長谷川博己)は元公安だという事を明かされる

姿を消していた宏美は和彦の復讐で東を狙うが、東を尾けていた倉木と対面してしまう。

宏美は倉木に、あいつらもお前らも勘違いしたから話がややこしくなった、爆弾事件の犯人は俺ではなく筧と会っていた謎の女だ、奥さんの復讐もやってやるから早くいかせろと言うが倉木は動けば撃つと宏美を止める。

倉木の邪魔で和彦の復讐に失敗した宏美はICチップがある限り東から俺に会いに来ると倉木にICチップを見せ、さらに爆破事件当時女が持っていた写真と筧に爆弾をしかけた謎の女の正体の写真をみせ、謎の女の正体が妻の倉木千尋(石田ゆり子)だった事に驚く倉木の前から姿を消した・・・

女が持っていた写真
MOZU7話謎の女が持っていた写真

筧が待ち合わせの謎の女を確認した写真
MOZU7話謎の女の正体は千尋

百舌の叫ぶ夜
都心で起きた爆弾事件…妻を失った公安のエースVS記憶を失った殺し屋


関連記事
 カテゴリ
 タグ
TBS