Sponsored Links

4月5日放送の金曜ロードショーは特別ドラマ企画でリバース~警視庁捜査一課チームZでした。

ごめんない!!個人的にくそつまらなかったです!!

なんか終わり方的に時期を見て続編放送されそうですが、う~ん・・・
ドキドキ感もなければほとんど登場しなかった上司が内通者で、なんか警察内部の覇権争いみたいなのしていて主人公の親の副総監を落としいれようとしている・・・微妙だ。

金曜ロードショー特別ドラマ企画 リバース~警視庁捜査一課チームZのあらすじ

チームZには戸口雄平、三島治夫、小早川稔、沢渡玲子といった超個性的だが各分野のスペシャリスト達の集まり警視庁捜査一課チームZに配属された江上亨。
同じタイミングで中学の同級生だった佐野希も配属され、"ばくだん星人"と名乗る爆弾魔が食品会社大日本フーズの商品に爆弾を仕掛け脅迫してきた事件の捜査をすることになった。

Sponsored Links
  

ばくだん星人から要求されたお金を受け渡すために江上と佐野は指定されたネットカフェにお金を持っていくが、武装した犯人に襲われお金を持ち逃げされてしまった・・・

大勢の尊い命が失われてしまった。犯人はまだ捕まっていないんだぞという犯人の言葉から何か気づいた江口は再びお金の受け渡しに参加し、府中で三億円事件に扮して身代金を奪おうとした犯人の狙いを見破ったがまた犯人の返り討ちにあいお金を持ち逃げされてしまった。

大失態を犯した2人だったが白バイの車両、ナンバー、制服、そして自分たちの上司の名前、走行ルートを知っていたことから捜査本部に内通者がいるのでは?と疑い始める

そして、以前に犯人と揉み合った時に爪で犯人の皮膚を引掻いていたのでは?とDNA検査を依頼しておいた結果から大日本フーズの元社員海東が浮かび上がった。
海東は会社の企みで懲戒処分され大日本フーズに恨みがある事からも犯人で間違いないと判断するが、すでに海東は姿を消したあとだった・・・

しかし謎のタレコミから海東の逮捕に至った。

共犯者が絶対にいると考える江上と佐野は犯人逮捕の発表を中止するようにお願いするが、記者発表の途中で"ばくだん星人"が生放送中のスタジオをジャックした映像が放送されてしまう。
そこでばくだん星人は"命の募金"をはじめ、放送を見た人間が指定した銀行口座に募金をし、時間以内に目標額に達しなければキャスターを殺すと宣言した!!

ところが制限時間を過ぎたが殺されなかったキャスター、今度は30分以内に自身の犯した罪を自分で発表しろと"ばくだん星人"は要求した。

キャスターの犯罪歴を探す警察だったが、特に問題があるわけではなく、唯一わかったのは大学時代に介護のバイトをしていた際に心臓発作で死んだ老人の第一発見者である事だけだった・・・

結局30分経過しても何も明かさなれなかった為に"ばくだん星人"自らキャスターが大学自体に親友と一緒に行っていた介護のアルバイト先で倒れている老人を見つけた際に、開いていた金庫からお金を盗み、その事を知った親友から出頭するように言われるが自殺に見せかけ殺していた過去を発表した。

この殺された親友は江上と佐野の中学時代の友達相沢瑠奈で、"ばくだん星人"父親は二人の恩師相沢先生だった。
全て明らかになった相沢先生はその場で自殺する。

死んだと思われた相沢先生だったが実は生きていて今回の復讐劇を手引きした警察内部の内通者はチームZの上司石崎左門(鶴見辰吾)でした。

脅迫状に書かれたe4411の意味

e4411は元素番号44と11を表していて元素番号44はルテニウム、11はナトリウムで二つを元素記号で表記するとRUNA、娘さんの名前になっていたみたいです。

金曜ロードショーのテーマ
リバース ~警視庁捜査一課チームZ~


関連記事