Sponsored Links

1月28日放送の月9ドラマビブリア古書堂の事件手帖の第3話
A=B、B=CなのでA=Cであるという三段論法などの形式論理学に関して書かれた青木文庫の論理学入門にまつわるストーリーでした。

感想としては謎解きというか、本を絡めて感動したりするストーリーなのでそろそろ飽きてきた・・・
ただ毎回ちょっと教えてもらえる本に関する豆知識が勉強になる!!

そしてビブリア古書堂に関してもまだ家族の謎っぽいのがあるみたいなので、なんとなく気になって毎回見ちゃいそうだ。

Sponsored Links
  

ビブリア古書堂の事件手帖第3話のあらすじ

ビブリア古書堂に坂口昌志(中村獅童)という男が青木文庫の論理学入門を売りに来た。
しかし昌志がニュースで報道されている脱走犯に特徴が似ていることで"坂口が脱走犯ではないか?"と店に訪れた志田(高橋克実)と藤波明生(鈴木浩介)は疑い始める。

そして志田(高橋克実)は店主栞子(剛力彩芽)の身を案じ暫く店に出ず店員の五浦(AKIRA)に店番をするように指示するが、少しして本を返してほしいと坂口の妻しのぶ(佐藤江梨子)が現れ、五浦はしのぶに本を渡してしまった・・・

この話しを聞いた栞子は本を預かったのは坂口昌志という人からなので勝手に渡してしまうのはよろしくないと五浦に伝え、五浦は志田と一緒にしのぶが働いているというクラブに足を運ぶ。

クラブに訪れ本を返して欲しいとお願いするとしのぶはいとも簡単に本を返し、昌志との思い出、青木文庫の論理学入門の思い出を語り始め、昌志が最近様子が変わって多くの本を売ってしまったり目を合わせてくれなかったり冷たくされている事を五浦と志田は知る。

この事を栞子に話すと、売り払ってしまった本を見れば何かわかるかもと本を売ったブックパレスに3人で向かい昌志の売った本から栞子は今回の謎を解明した。

実は昌志は目の中に水が溜まる病気で視力を失っており、その事を妻のしのぶに内緒にしていた。

栞子は昌志が定期購入していた"月刊日本のお寺"の最新号から遡って3ヶ月分にはスリップ(本に挟まっている短冊型の二つ折りにされている売上げカード)が挟まったままだったので3ヶ月前から本を読むことが出来なくなっていたことを推理したのだった。

論理学入門 (1955年) (青木文庫)
ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)


関連記事
 カテゴリ
 タグ