Sponsored Links
10月5日放送のためしてガッテンは糖尿病が完治する!?すい臓を復活させる薬でした。
一生付き合って行かなくてはならないと言われる2型糖尿病の最新治療法を紹介していました!!

まず糖尿病とは?

食事でとった糖分が血液中を移動し、
すい臓でβ細胞がインスリンを分泌する事により血糖が細胞や筋肉に運ばれるが、
血糖値が高い状態が長い間続くと糖分がβ細胞を攻撃してしまい体内の血糖が増え過ぎてしまい
血管を傷つけてたりし失明などの合併症を引き起こしてしまう。

すい臓の中のインスリンを分泌する働きをするβ細胞がダメージを負う事で発症する病気で
発症すると食事、運動療法や飲み薬インシュリン注射で治療を行い一生付き合って行く病気である。

Sponsored Links
  


血糖の攻撃により死んでしまった細胞もあるのだが
働かなくなってしまったが生きている細胞もあるので薬で正常な状態に回復させる事が最新の治療法で
β細胞を正常な状態に戻す効果を与える薬とはインスリン!!

これまでもインスリンは治療に使われてきていたが
今までと違う点は1日に4回インスリン注射を打つ事でβ細胞を休ませる事を目的としている。

休ませる事で弱っていたβ細胞が正常な状態に戻る事がわかったそうです!!

注射にも工夫がされ最新のインスリン注射は針が0.2ミリで痛みを感じにくい作りになっているそうです。

インスリン療法を受ける場合には日本糖尿病学会専門医などの専門家がいる病院を訪ねる事を
順天堂大学大学院教授の河盛隆造さんが推奨していました。

ちなみに飲み薬として使用されているSU薬は確かに効果的ではあるが
SU薬はβ細胞の所に行き細胞に強引にインスリンを分泌させる為細胞の寿命を早める可能性があり、
SU薬が効かなくなってくるとβ細胞はSU薬と血糖の両方から攻撃を受ける状態になってしまう可能性も・・・

最後に血糖値を上げてしまう生活習慣とは?を紹介していましたが
どうやら寝不足が続くとストレスホルモンが出て血糖値を上げてしまう事になり
日本人では6時間未満の場合に高血糖になりやすく、
逆に睡眠時間8時間以上と長い場合も高血糖になりやすい傾向があるとのデータがあるそうです。

良質な睡眠を程良くとる事が糖尿病予防に効果的!!
睡眠下手な私には少しだけ将来が怖い話です・・・

ミネラルの働きと人間の健康: 糖尿病、認知症、骨粗しょう症を防ぐ
主食を抜けば糖尿病は良くなる! 糖質制限食レシピ集
体脂肪計タニタの社員食堂 ~500kcalのまんぷく定食~
続・体脂肪計タニタの社員食堂



関連記事
 カテゴリ