Sponsored Links

ロンドンオリンピック男子サッカーグループリーグ第2戦の日本vsモロッコ

日本は勝てば決勝トーナメント進出が決まる大事な一戦でしたが
残り10分を切ったところで名古屋グランパス所属の俊足FW永井謙佑が持ち前のスピードを活かして
先制点、決勝ゴールを決めて見事1-0で勝利!!

黄金世代で臨んだ2000年シドニーオリンピック以来3大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めた!!

清武のゆるいループパスに反応してモロッコディフェンスをちぎってのループシュート・・・
しかも飛び出してきているキーパーよりも先に触れるという本物のスピードですからねぇ~!!

Sponsored Links
  

世界大会で相手DFをスピードで振り切れる選手が日本代表にいるという強み!!
スペイン戦で魅せた速いプレスだけでなくゴールに向かうスピードが見れて最高に興奮しました!!!

ディフェンス陣も危ないシーンが多かったですが最後の最後まで集中して
ギリギリのところで防いでいる姿に感動しました!!

精神的に弱くリードしても最後は失点するイメージの強かった男子サッカーは本当に強くなりましたね。

初戦のスペイン戦に続き、今回のモロッコ戦も非常に良い戦いで2戦連続で感動しました!!
スポーツっていいですね~

最終戦のホンジュラス戦も勝利して是非とも3連勝1位通過でメダル取りに行って欲しいです。
頑張れニッポン!!


関連記事