Sponsored Links
10月3日にTV東京で放送されたワールドビジネスサテライトで
デジタル家電の見本市CEATEC JAPAN2011を紹介していたのだが、
注目は現在の液晶テレビよりも高画質を実現した4K2K技術を使用したテレビの発売!!

4K2KとはクアッドフルHDの事で
先日東芝が4K2Kパネルを使用した液晶テレビREGZA 55X3を12月に発売する事を発表しており、
約829万(3840×2160)画素の高画質の液晶テレビになっているそうです。

東芝だけでなくSONYは4KプロジェクターのVPL-VW1000ESの発売、
シャープは来年2012年にテレビを発売予定と新技術による新世代のテレビが次々と発売されそうです。

Sponsored Links
  


三菱も4K2Kの技術開発を行っているそうなので、
地デジ化で液晶テレビが一気に普及しましたが技術の進歩によりさらに高画質なテレビが普及しそうです。

流石に発売当初は高額でなかなか普及しなそうですが、
数年後には現行の液晶テレビは時代遅れな低画質になってしまっていそう・・・

4K2Kを使用したテレビが一般的になったら
次はHDの16倍の画素数を持つといわれるスーパーハイビジョンですかね?

以前にテレビでスーパーハイビジョンの特集を行っていましたが
既に技術的には存在するが実用するには軽量化などの改良が必要との事でした。

次から次へと新しい技術、商品が出てきて家電は買い時が本当にわかりません!!



関連記事