Sponsored Links

5月19日に放送された所さんの目がテンは5月21日(月)の金環日食についてでした!!

月が太陽を隠す現象日食が25年ぶりに日本で見られるという事で大盛り上がりですが、
私も勢いで日食観測メガネ購入してしまいましたが月曜日天気が微妙みたいですね・・・

今回の放送では、
何故何年、何十年に一度しか日食が見れないのか?
皆既日食と今回の金環日食が違うのは何で?
という疑問を解き明かしていました!!
他にも所さんの目がテン調べの日本一の観察スポットを探していましたが、
これはあまり有意義な情報がありませんでした・・・

Sponsored Links
  

何故何年、何十年に一度しか日食が見れないのか?を調べるという実験では、
地球と太陽の直線上に月が存在する状況は約6ヶ月に1回程度には実現するのだが、
この約6カ月に1回というのは地球全体のどこか一部から見て日食が起こっている。という事なので、
前回みた場所と同じ場所という限定条件を付け加えると
日食を見るには約8年かかるという事が実験結果で明らかになりました!!
日本という小さい範囲ではこの実験結果より長い期間を要する事になるそうです・・・

今回の日食は太陽の中にすっぽりと月が入りリング状に見える金環日食ですが
皆既日食と今回の金環日食が違うのは何で?という疑問に関しては、
月の大きさが変わる事が原因のようです。

実は月と地球の距離は常に一定を保っているわけではなく、
月は地球の周りを楕円を描くようにまわっているので
月が地球から近いと大きく見え、遠い所にある場合は小さくみえる。そうです。
今回は月が遠い場所に位置している時に日食が起こるので
月が小さく見え太陽の中にすっぽり入りリング状に見える金環日食なんだそうです。

こども大図鑑 宇宙
所さんの目がテン!試してわかった超常識 オモシロ実験集


関連記事
 カテゴリ
 タグ