Sponsored Links

5月17日放送のカンブリア宮殿は神戸屋社長桐山健一でした。

2012年3月にパリで行われたパンのワールドカップクープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジュリー
優勝した日本チーム3人のうち2人が神戸屋のパン職人さんという日本を代表するパン屋さんで
ランチタイムにパンのビュッフェを展開したり日本全国に61店舗を構えるなど
日本のパン業界をリードするパン屋!!

今回登場した社長桐山健一さんはなんと5代目という老舗で開業は1918年なのだそうです!!

神戸屋はただの老舗ではなく日本初のパンを出すレストランを出店したりと
日本のパン業界に革命を起こしてきた会社でもあるようです。

レストランに関しては流石にオープン当初はご飯を頼むお客さんばかりでパンは注文されなかったようですが、
独自のパンに合うメニューを開発したりして徐々に受け入れられるようになり
現在では全国に17店舗のベーカリーレストランがあるそうです。
徐々にご飯に合わない様に味付けを変えるなどもしたと社長が言っていましたが、
下手したらお客が離れる荒業をしてしまうところが凄いですね・・・

Sponsored Links
  

市販のパンにしても全国各地で作られたパンを11項目でチェックして
気温や湿度などで味が変化しやすいパンの品質を保っているそうです。
これは凄いですね!!
常に品質をチェックするのはコストなどの面で難しくなってしまいそうですが、
味、品質を守って美味しいパンを提供する為にしっかりやっているんですねぇ・・・

神戸屋はパンの国家資格を職人だけでなくデスクワークの社員等も持つなど
本当にパンのスペシャリスト集団みたいです。

新商品開発の舞台裏も紹介されていましたが、
パン一つで良くこんな色々と意見が出るなと思える位新商品の試作品試食で味や食感などの意見が出ていました。
本当にパンが好きでパンのプロの自覚があるんでしょうね・・・

晩御飯食べた後ですが番組見ていたらパン食べたくなってしまった・・・

パンのビュッフェは面白いと思いますが、映像を見る限り女性客が多いみたいですね。
やはり男性はがっつりご飯を食べたいのかな?
ビュッフェスタイル自体が男性よりも女性の客が多いイメージですが・・・

シリコンスチーム型つきパンレシピBOOK
パンの世界杯(ワールドカップ)―4人の応援団の美味しいレシピ
SANYO ライスブレッドクッカー Gopan プレミアムホワイト SPM-RB1000(W)


関連記事