Sponsored Links

5月15日の超再現!ミステリーは25万部売れた七尾与史原作の死亡フラグがたちました!でした。

七尾与史さんのデビュー作みたいですが、
デビュー作から25万部突破のミステリー小説を書けるのは凄いですね!!

そして、今回の死亡フラグがたちました!も面白かった。
この超再現!ミステリー長続きしない番組の匂いがプンプンしますが個人的には大好きです!!

今回のキーポイントは17年前の事件と都市伝説の死神と呼ばれる殺し屋は存在するのか?
という事だったのですが元々の小説がそうなのか?この再現ドラマがそうなのか?
色々と想像を掻き立てられる作りになっていて楽しめました!!

気になったのは犯人がわかって終わりなのか?という点
番組では犯人逮捕まで至らず犯人を確定させて逃げて終了だったのですが
原作でも同じ終わり方だったのかな?

Sponsored Links
  

ちなみにタイトルの死亡フラグがたちました!の意味は
ドラマや映画で殺される人が良く言うセリフを言ってしまう事
死神のターゲットにされたヤクザの松重が予告された時間前に吐いたセリフ
”最後に俺は世界一の美女にキスをするんだ!”と言ってフラグが立ったようです!!

まあセリフ云々ではなく脇役がターゲットにされた時点でフラグ立ってますけどね・・・

結局犯人(死神)は女優の黒谷麻美のマネージャー稲垣舞太郎でした。
稲垣は17年前に行方不明になった田中鳥栖夫だった!!
そして17年前の犯人でもあった・・・

本格ミステリーというわけではなく、色々ふざけている要素もあったのも良かったかも? 
ありきたりなサブリミナル効果やバナナの皮をトリックに使うというのも
おふざけ要素があったので違和感を感じる事がなかった・・・
計算されて作られていたら個人的には凄い!と思ってしまいます。

死亡フラグが立ちました!/七尾与史
失踪トロピカル/七尾与史
ドS刑事 風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件/七尾与史


関連記事
 カテゴリ
 タグ