Sponsored Links
9月28日放送のためしてガッテン 不眠・めまい・耳鳴り 不快症状を解消せよ!
不定愁訴(ふていしゅうそ)での不眠・めまい・耳鳴りの改善、及び原因を紹介していました。
不定愁訴とは自覚症状はあるが原因となっている病気がみつからない状態

この不快症状に悩まれている方々を紹介し、
過去に片頭痛で悩まされた事が要因になっており一度片頭痛がなくなってから症状が出始めて来たらしく、
どうやら原因は過去の片頭痛にあった様です。

片頭痛を放置すると将来的に不快な症状を発症する可能性が高くなるという事です!!
片頭痛とは、脳の神経伝達物質セロトニンの不足で血管が広がり易く、
周りに痛み物質が発生し痛みを感じてしまうと言われている。

Sponsored Links
  

不快症状は脳が過敏状態になってる為に発症しており、
これらの症状の方に抗てんかん薬や抗うつ薬を投与したところ、
脳の過敏状態から解放されたが薬による副作用の影響ではない頭痛が発生したそうです。

片頭痛持ちの人が将来的に不快症状の発生を抑える為に行う片頭痛の治療としては、
きちんと病院に行きトリプタンという血管拡張を抑え、痛み物質の発生を抑制する薬を服用する事で
脳が過敏状態に陥らないようにする事が大事なようです。

市販の痛み止め薬は痛みを感じなくさせているだけなので、脳が過敏状態になってしまう。

ちなみに女性特有の生理の時の頭痛もエストロゲンという女性ホルモン原因で起こる脳の過敏状態

エストロゲンは子宮の内部で子宮内膜を厚くしているが、
妊娠しなかった場合にエストロゲンは減り子宮内膜が破壊されて排出される。これが生理にあたる

そして脳の中にもエストロゲンがいるのだがこれらも生理の時に同様に減るのだが、
その際に脳内のセロトニンも一緒に減らしてしまう。
これが原因で生理の時に頭痛が併発する人もいるが、この頭痛は片頭痛で生理痛とは別物だそうです。

気をつけておきたい片頭痛の代表的な症状は
・寝込むくらいの痛み
・吐き気がある痛み
・動くとより悪化する痛み



関連記事
 カテゴリ