Sponsored Links

2010年に日本で公開された映画第9地区の感想とあらすじです。

序盤はグロテスクな映像があったりとこれは地上波で放送できるのか疑問に感じる内容ですが、
面白かった!!そして続編は作られないと思いますが、続きが気になる終わり方でした・・・

ただ低予算で製作されたせいか、
ドキュメンタリータッチでアンビリーバボーか?と思わせるシーンも多いです!!

そして正直な話し所々でつまらなく感じるシーンもありました。
そして金曜ロードショーで放送される様ですがどのように編集され放送するのか注目です!!
食事しながら観るのだけはやめておいたほうがいいです!!

それでも途中で宇宙船から何かが落ち探したが見つからないという謎の物体が、
重要な役割を果たす小型船だったりとストーリーは細かい所にも気を使っている印象でした。

気になるのは、あの謎の乗り込めるロボは痛みがリンクする形状になっていたのか?
それとも単純に弾丸がヴィカスまで到達していたのかがちょっとわからなかったです。
多分感覚リンクシステムなのだろうと予想しますが・・・

Sponsored Links
  


映画第9地区のストーリー

南アフリカ・ヨハネスブルク上空に突然宇宙船が現れた。

まったく動かない宇宙船に人類が扉を破壊して侵入するとそこには栄養失調で衰弱した多くの宇宙人が・・・

宇宙船内に居たエイリアン達は外見がエビに似ている事からエビと呼ばれ、
ヨハネスブルクに隔離地区第9地区を作られ、第9地区に隔離される事になった。

第9地区に隔離され20年以上が経過したある日エビ(エイリアン)の管理任された組織MNUは、
第9地区よりも小さいテントを設置した第10地区にエビ達を収容しようとしていた。
その際にエビ達に移住を知らせなくてはならないルールがあった為
これまでダメ社員扱いされていたMNU職員ヴィカスがこの任務の指揮を任された!!第9地区 [DVD]

そしてエビを別の居住区に引越しさせる為にサインさせる任務を任されたヴィカスが、
第9地区の一軒の家で隠し部屋を見つけ武器を捜索している最中怪しい銀の鉄瓶を見つける。
この鉄瓶の中には数年かけてひそかにエイリアンが開発していた謎の液体が入っており
ヴィカスは鉄瓶を調べている途中でその液体を顔に浴びてしまった・・・

その後ヴィカスは吐き気を催したり、
鼻から黒い液体が垂れてきたり爪が簡単に剥がれるなどの異常が出て来た。

体調がすぐれずMNU本部から急いで帰宅すると、
自宅ではヴィカスの昇進を祝ったサプライズパーティーが行われていた。
しかしヴィカスはそこで意識を失ってしまう。

そして運ばれた病院で医師が居住移設承諾の際にエビ達から受けた傷の包帯を解くと
ヴィカスの腕がエビ達と同じエイリアンの腕になっていた・・・

すぐにMNUの施設に運ばれ、
神経が繋がっていて完全に同化している事がわかり
エイリアンのDNAを持つものしか扱えない武器の使用実験が行われ
一通りの武器が使用できる点から人間とエイリアンのDNAの両方を併せ持っている状態である事がわかった。

しかし現在は同化しているが時間の経過でいずれ完全なエイリアンになってしまう可能性が極めて高く、
現在の状態でなら良い研究材料になるとの理由から
上司である義理の父の判断で研究材料にされる為に様々な細胞を取り出される事になった・・・

しかしヴィカスは心臓を取りだされる直前に暴れ出しなんとか施設から逃げ出す事に成功した!!
そして逃亡の末に第9地区に逃げ込むが、徐々に歯が抜けエイリアンに近付いて行った・・・

暫くするとMNUがヴィカスを確保する為に第9地区にやって来て、
MNUから逃れる為にある家に隠れようとするがその家はあの液体の開発者の家だった!!
そして、開発者からあの液体は母船に帰る為に必要だった事、
母船の医療システムを使えばヴィカスを治せる事を知るが既に液体はMNUに奪われていた・・・

そこでMNUに例の液体を奪いに行く為に第9地区で商売をしているギャングの元に
エビ達から奪った武器を買いに行き殺されかけるがなんとかエイリアンの武器を手に入れた。

そして液体の開発者クリストファー・ジョンソン(以下クリス)という地球名を勝手につけられたエビと2人で
MNU本部に潜入し謎の液体を奪還するが、クリスはそこで同胞が実験に使われた事を知って呆然としてしまう。
ヴィカスが一人でMNUの部隊と交戦しながら”子供の事を考えろ”とクリスに訴えかけると
正気を取り戻しどうやってMNU本部から脱出するか?とヴィカスに聞くが
ヴィカスは侵入の方法しかわからないと言う。
そこでクリスがとっさに強力な爆弾を作り壁を破壊してMNU本部から脱出する。

追跡されながらもなんとか第9地区の母船に帰るシステムのある家につくが、
そこでヴィカスが治療にかかる時間をクリスに聞くとクリスは”3年かかる”とヴィカスに伝える。
仲間たちを助ける為に援護を呼ぶ為に液体を全て使いたいから待ってくれというクリス
ヴィカスは怒りクリスを気絶させ自分でクリスの家の地下にあった小型船を起動してしまう。

ところがこの小型船はMNUに撃ち落とされクリスヴィカスも拘束されてしまった・・・

さらに2人を移送中にヴィカスを確保しようとギャングが襲って来て、ヴィカスはギャングに捕まってしまった。
なんとかエビ達の武器を扱える力を得ようとギャングのボスがヴィカスの腕を切り落とそうとしたが、
小型船に残っていたクリスの息子が何らかのシステムを起動させ母船を再び動かした。
するとギャングが以前エビから買ったエビ達のメカ?ロボ?が突然動きだし、
ヴィカス以外の人間を突然打ち始めた・・・
そしてヴィカスを仲間と判断したのか?メカの乗り込み口が開きヴィカスはメカに乗り込む。
しかしMNUに捕まっているクリスを前に”そのエビは連れてっていいが俺は逃がしてくれ”と逃げ出す・・・

ところが、ヴィカスは途中で引き返しクリスを助ける!!
そして小型の宇宙船までクリスを援護して連れて行こうとするが、
ヴィカスは途中で銃撃にあい動けなくなってしまう。
そこでクリスだけ先に子供の待ってる宇宙船に行って母船に戻れと伝える!!
クリスヴィカスのおかげで無事に小型船に戻り
母船に帰れたがヴィカスは激しい戦いの末にMNUの傭兵部隊大佐に捕まってしまった・・・

しかし、一人になったクーバス大佐にエイリアン達が襲いかかりヴィカスの命は助かった。
そしてこれが映像で残っているヴィカスの最後の姿になった・・・

最後にヴィカスの妻の元にゴミで作られた造花が送られた。

第9地区 [Blu-ray]
第9地区 Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)
The Art of District 9: Weta Workshop


関連記事