Sponsored Links
1月11日放送のためしてガッテンは不眠ストレス撃退 簡単トレーニングを紹介
この日のゲスト円広志も過去にパニック障害に陥入りテレビ出演できない時期があったそうです。

今や不安が原因で日常生活に支障をきたしている人は10人に1人で不安、ストレスに苦しむ方は多いようです。

私も過去に不眠症で悩まされた事があります・・・
治療の甲斐あってそれなりに眠れるようになりましたが、なかなか快眠は難しいので、
今回の不眠ストレス撃退トレーニングで少しでも快眠に近付ければいいと思っています!!

番組ではADがバンジージャンプを飛ぶ実験で不安が勝手に巨大化する事を実証していましたが、
これはちょっとADがかわいそうでした・・・

ADに続き謎の男が登場しバンジーに挑戦していましたが、謎の男は怖いながらも楽しめたとの事でした。

Sponsored Links
  


ADと謎の男は飛ぶ前に5分間の休憩を取っていましたが、
ADは恐怖感にさいなまわれながら飛んだが謎の男は何故か楽しめた!!

2人の違いは心拍数に表れており、ADは5分間の休憩で心拍数が平常時まで下がってジャンプ前に急上昇、
謎の男は心拍数は高くなっていたが急激な上下がなかった事が要因で
心拍数の振れ幅が大きければ大きい程不安も大きくなってしまったようです。

ネガティブなイメージや不安に襲われた時は無理に抑え込むと、
再び同じイメージを持った時により強く感じてしまうそうで、
現実を直視して受け入れた方が良いようです!!

まあ、その現実を受け入れるのが難しいんですけどね・・・

そして不安が巨大化する脳のメカニズムが紹介され、
重要なのは脳の背内側前頭前野という頭の中を客観的に見渡す働きをしている部分
不安は心の警報装置で通常は20分から30分で対策や論理的思考で解決策を講じ収まる、
背内側前頭前野はこの不安に思った際の警報を感知するが、現実逃避していると活動が鈍るそうです。

そして現実と向き合えた時には問題が大きくなっていたり、
他の問題が発生していたりする事で不安が大きくなって病気になってしまうそうです。

バンジージャンプで不安を大きくせず、直視できた謎の男の職業は住職、僧侶で
座禅や瞑想には背内側前頭前野を鍛える効果があるそうです!!

座禅、瞑想を続けた脳は背内側前頭前野が分厚くなる事がアメリカの実験で証明されているらしいです。

しかし、なかなか座禅、瞑想を上手くこなす事は素人には難しいようで、
素人はすぐに集中力が切れ、座禅中にあれこれ考えてしまう雑念に捕らわれてしまう・・・
そこで今回は早稲田大学の熊野宏昭教授が誰でもできる不安から抜け出すトレーニングを紹介!!
ストレスに負けない生活―心・身体・脳のセルフケア (ちくま新書)
熊野教授の不安解消エクササイズは思考と現実との違いを見極めるトレーニング
不安解消エクササイズ法
軽く目を閉じて、小川と落ち葉を思い浮かべる。
小川を流れる落ち葉で良いようです。

次に今の自分が思っている事、心の中に浮かび上がる思考を葉っぱに乗せて川に流す。
単純に"こんな事で上手く解消するの?"位の事でO,K
考えた事をどんどん川に流して行く事で現実だけが残るそうです。

1日10分から15分程度、毎日続ける事が大事!!との事でした。

さらに実際に治療に使われている方法の一つを紹介してくれました!!
それは"と、思った"と付け加えるだけの治療法です。

仕事で上手くいかなかったり自分を駄目人間だと考えてしまった時に、
"自分は何をやっても上手くいかないダメ人間だ"と、思った。と口にする事で、
思ってしまっただけかとなるそうです。

この"と、思った。"はいつどこでも実行できそうで便利そうですね!!

不安解消でプラス思考脳を手に入れる方法としては面白かったのですが、
これは不眠症にも聞くのかな?

睡眠アロマ〜眠癒〜 カモミール・ローマン 不眠 快眠 リラクゼーション ヒーリング アロマオイル
心のストレスが消える処方箋 幸せ脳内物質セロトニンを増やすための実践10か条
セ・シ・ボン セロトニンを増やす ラフマ葉エキス 配合! ストレス イライラ 不眠 便秘 頭痛 肌荒れに


関連記事
 カテゴリ