Sponsored Links
12月23日に日本テレビ系列で放送された金曜スーパープライム1000年後に残したい…報道映像2011

番組内で福島第一原発爆発の時の事を政府目線でドラマ仕立てで放送していたのですが、
やはり当時の政府は酷かったんだと再認識させられました。

もちろん東電本店の対応も酷かったのですが、当時の政府の人達の証言がもう世間ずれしまくりでした!!

なんといっても、海江田が発言していた2度目の爆発、3号機の爆発で重大な事になっている事を認識した
というコメント・・・
世間では1度目の爆発の時点でヤバイ事になっている早急に対応しないと!!となっていたのに、
彼らの中ではまだ重大な事態には陥っていない、なんとかなるとでも思っていたんでしょうか?

しかも福島第一原発所長からのFAXを政府、災害対策室は見逃して放置していたとか・・・

Sponsored Links
  


番組の最後でこれは人災です。と言っていましたが、
地震前の安全対策に関しても考えが甘かったですし、事故後の対応に関しても完全にダメダメだったわけで・・・

こういう本人たちが出てきてコメントしていると多少なりとも良い感じになり、
良く頑張った、あそこまでやってダメだったら仕方がなかった事だ!!と思うはずなのに
怒りがこみ上げて来て、暫くするとあきれ返ってしまう・・・

事故後も、東京電力は夏、冬ともにボーナスが支給され、そして電力使用量の値上げ!!
本当にこれは恥として1000年後まで残しておく事実だと思います。

異様な事が多く、悲しい2011年だったかもしれませんが、
今年の災害や人災に関して今一度正せる事は正し、対策や対応を考えていきたいものですね・・・

これ程政治に呆れ、自身の無力さを味わった年はないかもしれませんが、
今年の経験が今後の何かに活きていけるように励んでいきたいです!!

ただ、本当に解散総選挙で一度国民の意見を聞いて欲しい!!

政治家の殺し方
福島原発でいま起きている本当のこと~元・現場技術者がすべてを語った!
日本を貶めた10人の売国政治家 (幻冬舎新書)


関連記事